間違った飼育

ペットに対する間違った飼育をしている飼い主も少なくありません。獣医がかっこいいと思ってしまうのです。獣医ドリトルはそれらの問題を明らかにしてくれます。しかし、基本的な部分では間違っていないのです。獣医にはもっと幅広い仕事があるからです。

あくまでもビジネスとして成り立たなければ意味がないのです。動物病院の獣医であるドリトル先生が動物だけではなく人間の心まで治してくれるのです。ただ、ドリトル先生の話は獣医師の仕事の一部でしかありません。ペットブームの背景にはどのような人間関係が潜んでいるのかを教えてくれる漫画かも知れません。子どもの時には、漫画の主人公に大きく影響を受けるケースが多いようですね。

ドラマですから、多少の誇張はあるでしょう。もちろん、獣医もそれなりの給料を求めています。獣医を目指している若者の中には「獣医ドリトル」を読んでいる人も多いのです。獣医ドリトルがどのような生活をしているのかはわかりませんが、家族を養っていくためにお金がなければならないのは事実です。もちろん、ある程度は事実かも知れませんが、獣医がこのような仕事ばかりをしているわけではありません。

獣医は単に動物を助けるだけの慈善事業ではありません。競争率の高い大学に入学しなければならないのです。動物を家族同様にかわいがることは悪いことではありませんが、それが動物にとっていいことなのかを考えるべきなのです。また、獣医になりたいと思うだけでなれるわけではありません。


親は心配

夢を断たれることで、その後の人生が大きく狂うのではないかと親は心配してしまいますね。私立大学は出題される問題に癖があるようですし、課目によって問題の難しさも違いますね。親としてもその夢に向かってほしいと思うでしょうが、どうしても競争社会です。特に化学と生物でしょうか。高校生が獣医学部を受験しようとすると、その情報の少なさに戸惑ってしまうようですね。

何となく大学に行く人たちよりも、目的を持っている分だけ素晴らしいことですね。しかし、獣医学部受験を希望する生徒が少ないため、進路指導の先生にもよくわかっていないことが多いのです。一浪して受かると言う保証はありません。それでも動物が好きならば続けられるでしょう。動物の世話をすることだけが獣医の仕事だと思っているのです。

基本的に理系ですから、理数系は強くなければ合格は難しいようです。獣医学部を目指す高校生たちは、自分の夢を持っています。また、獣医を目指している人の多くは獣医の仕事内容を正確に把握していません。現実には様々な職種があります。そのため、受験の難易度はかなり高いと言わざるを得ません。

パイロットや学校の先生でさえも、自分の希望通りになることは少ないのです。その夢を何とかして叶えたいと思っているのです。一般に獣医学部の募集人員は少なく、それに対して志願者はかなり多くなります。自分に自信がなければ、合格しないでしょう。もちろん、これらのことは獣医だけに限ったことではありません。

相互リンク