金属8枚刃も最適

まばらなものでしたら金属8枚刃も最適です。密集したものの場合は竹笹下刈用チップソーが最適です。軽量チップソーや丸のこでも選定可能です。金属8枚刃でも可能です。そして細かい木や枝の場合には竹笹下刈用チップソーと丸のこが最適です。

まとめとして、刃の種類別に述べますと、金属4枚刃を使用すると最適なのは芝草と柔らかい草、可能な範囲といえるのは雑草と牧草です。他には金属4枚刃でも可能だといえます。まず、芝草や柔らかい草を刈るのに最も適しているものは金属4枚刃です。ホームセンターで刃の購入する際等にお役立てください。せっかく草刈りをしようと思って草刈り機を購入しても、その刃が自分の使いたい目的と合致したものでなければうまくいきませんから。

草刈り機の選び方について、刃についての説明を前述しました。竹笹下刈用チップソーについては、最適なのは密集した藪と細い木や枝で、可能な範囲はまばらな藪です。ここでは金属4枚刃、金属8枚刃、軽量チップソー、竹笹下刈用チップソー、丸のこ刃について、その用途を挙げていきます。そして丸のこ刃については、最適なのは細い木や枝となります。そして用途としては、芝草、柔らかい草、雑草(中でもまばらなものと密集したものとで区別します)、藪(中でもまばらなものと密集したものをこちらも区別します)、そして細かい木や枝に分けて考えます。

金属8枚刃については、最適なのは雑草や牧草のまばらなもの、可能な範囲は芝草、柔らかい草、雑草や牧草の密集地です。雑草や牧草に最適なのは軽量チップソーです。軽量チップソーについては、最適なのは雑草と牧草とまばらな藪、可能な範囲は密集した藪です。藪については、まばらなものについては軽量チップソーが最も効果的でしょう。ここでは、その刃の種類と用途について詳しく説明したいと思います。


刈り刃を点検

特に摩耗していないか、欠損していないか、曲がり等はないかに気をつけ、発見した場合には修正、交換するようにしてください。次に購入した刈り刃を点検しましょう。このように作業の最後にも点検を行うことで故障を防ぎ、長持ちさせることに繋がります。そして作業が終了した際には、草刈り機を必ず洗い流してください。そのため長袖のものを着るようにし、目などの保護にも気を配る必要があります。

草刈りを行うときには、前述したようにチップが飛んできたり、または散らばっている小石が飛び散ったりと危険が伴います。草刈りの仕方については、その機種によって用途がさまざまですから、「草刈り機の選び方、形式」を参照してください。また、それだけでなく内部に異物を巻き込んでしまっていないかも点検してから片付けるようにしましょう。点検が終わりましたら実際に草刈り機を作動し草刈りを行いましょう。

実際に草刈り機を始動させる前に必ず点検を行ってください。まず作業を始める前に、作業しやすい格好で臨みましょう。ここでは実際に草刈り機を使用するときの注意について述べていきたいと思います。草刈り機にとって刈り刃はもちろん欠かせません。

適切に取り付けられているでしょうか。というのは、草刈り作業をすると草刈り機の刈り取り部分にたくさんの屑や汁が付着します。適切に装着されていなければ効率良くできないどころか怪我をする恐れがあります。これを放っておくと、錆の原因や作業するときのトラブルにも繋がる恐れがあるからです。

相互リンク