実行可能な節電テクニック

各家庭において実行可能な節電テクニックは、かなりの数が生み出されています。そのため、万能といえる方法ではありません。そうする事で、完全にその分の消費電力が浮くわけですから、これ以上の節電はありません。たとえば、冷蔵庫や洗濯機を使わない生活というのは、かなり難しい事ですね。

自分の生活水準や生活のリズムに合った節電テクニックを使用する事で、日常の中にストレスなく節電を組み込む事ができます。それは、「使わない」です。ただ、それらを全て実践する必要はありません。つまり、該当する電化製品を使用しないという事ですね。

もしもそうでない節電を無理矢理行えば、長続きはしませんし、日々の生活の中でどうしても不便な思いをしてしまい、別の問題を引き起こす要因にもなりかねません。まずは、使わない、あるいは使う必要のない電化製品を探す事からはじめてみましょう。ただ、たとえば娯楽に使用する製品や、使わなくても少し慣れればどうという事はない物に関しては、「使わない」という選択をするのも、ひとつの手法です。もちろん、これはあくまでも極論であり、全ての電化製品に適用できるはずもありません。

あくまでも、自分に合った節電テクニックを選ぶという事が重要です。それによって自分の生活そのものを変化させ、より無駄のない日常を送る事ができます。掃除機や照明器具なども同様です。それを踏まえた上で、最も有効、且つ大きな効果を生み出す節電テクニックを紹介しましょう。


見極め

当たり前のように思われがちですが、実際問題として、現代社会は電化製品に溢れかえっています。それが大きければ、当然リストラ候補となります。これらは、あれば便利な物ですが、使わなくても良いという人も少なからずいるでしょう。その検討の判断材料となるのは、対象となる製品の消費電力ですね。

勢いで買ってその元を取りたいがため、たまに思い出したように使用するというパターンが多いのではないでしょうか。たとえば、「トースター」や「食器洗浄機」「コーヒーメーカー」「布団乾燥機」等といった電化製品は、非常に多くの電気を消耗します。たとえば、「冷蔵庫」「洗濯機」「掃除機」「照明器具」等といった、日常的に使う物は、自然とその中に含まれていくでしょう。そういった製品をリストラするだけで、かなり消費電力は抑えられます。

使うべき電化製品と、使わないでも良い電化製品を選別する事が節電テクニックの基本中の基本です。そのため、気付かないうちに、特に必要のない電化製品が家にあるというケースは、恐らく多くの家庭にあてはまるのではないでしょうか。これも、ひとつの節電テクニックです。その時点で、その製品を再びピックアップし、その中で本当に生活に必要かどうかを検討していけば、自ずと不必要な製品は出てきます。

使うべき電化製品とそうでない製品の見極めは、生活の中で「使っている実感のある」物を羅列していく事からはじめると良いでしょう。そうやって一度リスト化した上で家中のコンセントをチェックしていけば、必要のない製品が見つかるというものです。その見極めによって、大きく消費電力は変わってきます。


コンセント

節電テクニックとしての待機電力の節約は、見極めが重要です。電化製品の消費電力は、使用しなければ完全に抑えられるというわけではありません。待機電力の消費量は総じて数ワットであり、基本的には微量と言って差し支えない数字です。というのも、電化製品というものは、コンセントを入れているだけの状態でも、わずかではありますが電気を消耗するのです。というのも、中には常にコンセントを入れておかないといけない電化製品もあるからです。

トータルでは、一年で1万円以上の電気代に相当するだけの量になるケースも珍しくないのです。しかし、家の中にはかなり多くの電化製品があります。こういった、使用していなくても消耗する電力の事を「待機電力」と言います。しかも、この消費電力というのは無駄に限りなく近いもの。

重要なのは、必要のない電力を節約する事なのです。そうなってくると、有効な節電テクニックとはいえなくなってしまうでしょう。つまり、この待機電力を抑える事で、かなりの節電になります。それを考慮すると、待機電力と言っても放置できる量ではありません。

コンセントさえ抜いていれば、それで抑えられる消費なのです。それまでも抜いてしまうと、日常生活に支障が生まれ出る恐れがあります。たとえば、電源を切っている状態でも何らかのライトが付いていたり、稼働しやすいように準備していたりする場合は、相応の電気を消費します。その消費量は、製品によってそれぞれ異なります。

相互リンク