ec-cube

ec-cubeのwebサイトからいつでもダウンロード出来るこのec-cube。様々なECサイトで様々な経験を基にして構築されていますので、実践的で高機能な機能が色々と組み込まれていると言う大きな特長が有ります。更に、ec-cubeの使い勝手の良さは、カスタマイズが自由に出来たり、機能の拡張も自由に出来たりする事で、パッケージを利用する人がネットショップ等の運営やカスタマイズを自分の好きな様に、積極的に取り入れやすくする様に作り出されたのがec-cubeと言う事になります。

ネットショップを運営しようとしている人は直ぐにでもこのパッケージを活用できます。これを全て無料で利用できるとてもお得なパッケージなのです。その上バージョンアップされたソフトも無料でダウンロードでき、改良や機能追加が随時見込めます。

もしネットショップ等をやってみたいなと思ったら、このECオープンソースのec-cubeを是非利用する事を検討して見てはいかがでしょうか。そして最も注目して欲しいのがこの「日本で初めてのECオープンソース」と言う所にあります。誰でも無料で、高機能かつ拡張性が高いECサイトを使う事が出来ると評判です。

ec-cubeのパッケージは株式会社ロックオンがECサイト構築のノウハウを創業以来培ってきていました。ec-cubeとは、日本で初めてのECオープンソースパッケージの事を指しています。そのノウハウを凝縮させ、オープンソースとしてパッケージを提供しているのです。


売り上げの統計データ

売上集計機能は商品・期間・年代別と言う様に様々な条件を与えて売り上げの統計データの集計を行う機能となります。ECサイトに対しての機能がとても充実していますのでECサイトを運営する為にはとても快適に出来ると思います。ECサイト構築用のパッケージとして出されているのがec-cubeになります。

会員を使ってPRをする事が出来るのもec-cubeの特徴の一つと言えるでしょう。また進捗状態が未発送か入金待ちかとか、お金の流れが銀行振り込みか代引き化と言う今現在の状況のステータス確認もできますので、ec-cubeが一つあれば、商品の受注状態が管理できる機能となっています。顧客管理機能はサイトの会員の管理システムになります。

集計だけジャンク手統計データをグラフにして表示してくれますので、どういう風に今後ECサイトを運営していけば良いか、戦略を考えやすくしてくれる仕組みが備わっています。商品管理機能はこの機能は、商品の登録に関してはもちろんですが、商品のカテゴリを管理するための機能、商品を色やサイズで管理する「規格管理機能」と言う様に、商品を売る際に必要と思われる機能が盛り込まれています。受注管理機能は今現在、何の商品が売れていてどういう状態なのかと言う事を、管理画面を使って確認する事が出来る機能になります。

メルマガ機能も備わっていますので、会員にショップの情報を積極的にアピール出来ます。 そんなec-cubeが持っている機能をご紹介しましょう。この機能を積極的に使用する事でこれまで体験したことが ないような便利な世界をみることができるのです。


著作権利を保護

と言う事だそうです。また元々の著作権利を保護し、利用する人に誰の物なのかと言う事を知らせる事も大切です。そうなると「何でもやって大丈夫なのね」と捉えられがちですが、無償で提供しているにはそれだけの理由が有ると言う事もわかっていなければなりません。オープンソースと言うと誰でも無料で使えて、再配布もソースコードの改良も自由に出来ると言う事が挙げられます。

自由に使えるので営利、非営利にこだわる事が有りません。もちろん、このルールを守りたくないと言う人にはec-cubeの商用ライセンスが有りますのでそれを利用していただくと良いでしょう。簡単に言うと、無償で提供して自由に改良して良いし、それを再配布しても構わないけど、再配布する際にはまた無償で改良もOKにしてね。作ってくれた方の権利は大切にしましょうと言っているのです。

目的としてはプログラムや利用者が発展して欲しいと言う願いが込められているそうです。また誰が使ってよくて、誰が使っちゃダメと言う様に限定してもいけませんとなっているのです。オープンソースとは、色んな人々、たくさんの人々がその開発に携わっています。日本で初めて出されたECオープンソースパッケージがec-cubeになりますが、そもそもこの「オープンソース」って何の事だかお分かりになるでしょうか。

ec-cubeのオープンソースを使ってどんどん機能が充実していってくれることが期待されているという事なのですね。だからこそ守って欲しいルールと言うのが有るのです。その一つが「GPLライセンス」と言う物になります。


ファイル内に保存

データベースに負荷がかからない様にファイル内に保存されているそうです。ec-cubeのインストールのされ方はサーバー環境によっても違ってきますので一概には言えませんが、一般的な内容でお話ししてみたいと思います。「data」ディレクトリ内の「cache」と言うディレクトリには、管理画面にある基本情報管理、パラメータ説明、マスタデータ管理で登録された内容が保存されています。こうしたファイル達の内容をしる事がec-cubeを使って、良いサイトを作る事の第一歩となりますので是非勉強してみてくださいね。

カスタマイズ出来るもの、出来ないもの等も有ります。COPYINGについてはテキストデータとなっていて、中には英語でGPLライセンスに関する説明文となっています。解凍すると「data」「html」「COPYING」と書かれたファイルが出てきます。

先ず「data」ディレクトリですが、ec-cubeの要とも言えるプログラム達が格納されているディレクトリになります。また「html 」ディレクトリには直接ブラウザからアクセスするインターフェースの様な働きをしているファイルが入っています。ec-cubeのファイル構造を2.3.0の正式版を元に説明してみましょう。

ec-cubeがダウンロード出来るページから圧縮形式のファイルをダウンロードして解凍します。この様に他にもたくさんのファイルが入っていてそれぞれの役割をしています。こうした事からWebブラウザからアクセスされない様な機能上位階層に「data」フォルダ以下のファイルを配置しています。


ECサイトの構築

ECサイトの構築にあたって何から始めたら良いのか分かりませんよね。この場合、0から作る必要はなく、ec-cubeと言うECサイト構築パッケージソフトを使うと簡単に作りやすいと思います。もちろん他のデータベースにおいても運用する事が可能です。ドラッグ&ドロップを使ってサイトのレイアウトを簡単に変更出来ます。

購入してくれた顧客に対してポイントの付与が出来る機能が有ります。ec-cubeはオープンソースとなっていますので自由自在に改良をしながら使っていただけます。「ブロック」と呼ばれている単位でコンテンツを作成したり管理したりする事が出来ます。

ECサイトで必要と思われる決済モジュール、クレジットカード決済、色んなWebマネー、ポイントと言った決済モジュールの用意がされています。そのec-cubeの特徴を挙げてみたいと思います。ec-cubeではオーナーズストアが有り、そこでたくさんのデザインテンプレートを販売しています。

会員を募る為の登録機能が有り、更にメルマガを会員の属性によって抽出し送付出来る機能も有ります。RSSフィードへの出力も出来ます。MySQL・PlstgreSQLと言う2つのSQLを利用するのにec-cubeは対応しています。


標準装備としてモバイル機能

商品の一覧、詳細、検索結果ページを商品登録1回で自動生成してくれます。こうした管理系機能が付いている事で、より使いやすく便利にサイトを運用できる様になります。またPC用、モバイル用の管理が簡単に行える様な機能も有り、商品登録をしたら2サイトに同時登録出来たりとか、絵文字表示が可能だとか、携帯電話端末情報を送信すると2回目以降は直接マイページにログイン可能だとか便利な機能も有ります。また標準装備としてモバイル機能も付いています。

日本の物ですので表記が事前な日本語で分かりやすくなっています。メールマガジン配信機能が有り、販売促進に繋がる機能も有ります。さまざまな有償サポートも提供しています。そんなec-cubeの機能をご紹介しましょう。

色んな情報をCSVファイルでダウンロード出来ますので、Excelでの管理もしやすいです。そして会員専用ページも用意していますので、購入履歴やお届け先を指定出来る等、ユーザーが便利に使用できる機能が付いています。オススメ商品の登録機能、コメント機能も付いていて、ショップ自体を魅力的に魅せてくれる効果が有ります。

売り上げや欠品情報等、毎日チェックしたい情報を1ページで見やすく表示してくれます。主に日本で開発されているECサイトが構築できるプログラムがec-cubeと言うEC用コンテンツマネジメントシステムになります。こうしたフロント系機能が付いているだけでサイトが魅力的に見えて集客力アップに繋がりやすくなります。


大きな魅力

ネットショップを使いやすさを重点に置いているのも大きな魅力ではないでしょうか。その他にもRSS配信機能が揃えられている等、他のソフトウェアには無い特徴が有ります。売り上げ管理、欠品情報等、毎日チェックしたい情報を1つのページに表示する様にして分かりやすくしています。

ec-cubeは国産物のソフトウェアである為、日本人が使いやすくて分かりやすいと言った特徴が挙げられます。【サポートも付けられる】ソフトウェア自体は無料ですが、有料オプションとしてサポート付きコースと呼ばれる物が有ります。インターネットショップ構築ソフトウェアの1つにec-cubeが有ります。

ネットショップの構築、管理運営まで出来る様な機能が備わっています。更にオープンソースとなっていますので、 ご利用者自身でカスタマイズする事も可能ですし、カスタム機能をWeb上から追加する事も可能となっています。更にサイト のデザインもドラッグ&ドロップを行う事で簡単にレイアウト変更が出来ます。 このようにかんたんな操作でレイアウトが可能ですので、初心者でも扱いやすいというのが利点になりますよね。

ec-cubeはオープンソースと言うのが大きな特徴で魅力でもありますが、その他にもたくさんの魅力が有ります。これ でインストール、機能のカスタマイズ等をサポートしてもらえます。ショップを魅力的にする為に登録機能でオススメ する商品を登録したり、コメント機能でユーザーからのコメントを受け付けたりする等、会員やユーザー向けのページ等が多数揃えられています。 自分に合ったものを探して機能をうまく使い分けていきましょう。